リフォーム等で手に入る次世代住宅エコポイントを有効活用しましょう

間取り図

お年寄りに優しい家作りで次世代住宅エコポイントを手に入れよう

大きな窓の部屋

加齢と共に身体機能が衰えて、若い人には何の苦も無く使える家が、高齢者にとっては使いにくい場合があります。高齢の方と同居している人は、お年寄りの体の状態に配慮して、より住みやすい家に作り替えることを真剣に検討しましょう。このような家の作り替えをバリアフリー改修と言いますが、工事内容によっては次世代住宅エコポイントの発行対象となります。発行されたポイントを貯めると、次世代住宅ポイント交換サイトを利用して家電製品や食品等と交換してもらえてお得です。この機会を逃さず、必要なリフォームをまとめて施工してはいかがでしょうか。
次世代住宅エコポイントが発行されるバリアフリー改修工事の内容は、リフォーム業者ウェブでも確認できます。例としては、体を支える手すりを設置する工事があります。玄関で靴を脱ぐ際、片足で立つのが難しい高齢者は沢山います。手すりがあれば、そこにつかまって靴を脱げます。また、足元がふらつく高齢者にとっては、手すりのない階段は上るのも降りるのも不安です。お風呂も、手すりがないと、浴槽の出入りが困難な高齢の方が大勢います。手すり設置はそれほど費用がかかりませんが、設置すれば高齢の方はとても助かります。是非、設置して次世代住宅をエコポイントを獲得しましょう。

Notice

Update list

TOP